移住相談員の日々是いの綴り vol.4

Pocket

今日のテーマは『いの町の教育環境』

 

いの町役場の近くでも、楽しそうに通学する児童たちを見かけます。

「移住」をお考えの子育て世代の皆様が、気になる移住先の教育環境・・・

都会とは、少し違ういの町の教育環境をお話ししたいと思います。

 

ぷっくりハートを育む『いの町 菊池学園』

ネット中心になってきた現代社会において、注目されている「自尊感情」・・・

自尊感情とは、簡単にいうと、「私が私を大切だと思える心」です。

いじめやネットの誹謗中傷が社会問題なのは、都会だけではありません。

ここ高知でも社会問題のひとつです。

「私が私を大切だと思える心」は子どもの頃の環境が大きく影響してくるそうです。

とても大切なことですが、どうしたらそのような心を育てられるのでしょう?

 

いの町では、そのような教育に特化した町づくりがされています。

平成28年から、「学級崩壊立て直し人」・菊池省三先生を教育特使

として招き、いの町内の教育の現場では、

『価値語』

『成長ノート』

『ほめ言葉のシャワー』

『学級ディベート』

を実践し、先生方全員が一生懸命、頑張っておられ、学校教育に取り組んでいます。

(こちらの方が菊池省三先生です。)

 

そこで・・・

「ほめ言葉」?どんな言葉?・・・と興味深々で

菊池学園の授業参観へお邪魔してきました。

 

『ほめ言葉のシャワー』とは?

大人でも、褒められたらニヤリ( ̄▽ ̄)としてしまいますが、

(´∀`*)ウフフと嬉しくなる言葉が、シャワーのように降りかかってくるなんて、

想像できますか?

(保育園の年長さん。ほめ言葉をもらったお礼に笑顔で握手をしています!)

 

校内へ入ると、児童のみなさんが大きな声であいさつをしてくれます。

そして、目に飛び込んできたのは・・・

手洗い場の蛇口をピッカピカにお掃除した児童に、お友達や先生が「ありがとう」の

言葉をたくさんかけていました。

そして・・・

その蛇口をいつもピッカピカに保つために、どうしたらいいか、話し合っていました。

 

 

その後、教室へ入ると・・・

菊池先生の授業がはじまりました。

国語の授業でした。

授業中、クラスはたくさんの『拍手』で溢れていました。

 

そして、授業の終盤。

一人の児童が前にでて、

クラスメイトから、『ほめ言葉のシャワー』を浴びていました!!

 

いの町では、降りかかってきますよ!浴びます!

 

・・・・私も浴びたい・・・・」(心の声です。)

 

児童のみなさんはシャワーのように浴び、その愛のシャワーで心もぷっくりと

潤っているようでした。

なんとも誇らしい顔で、自信に満ちた姿でした。

 

自分を肯定されることは、自信につながります。

そして、褒められるだけでなく、お友達の良いところに気づく!!!

これこそが、他人の痛みが分かり、他人を傷つけない大人に育つのかな・・・と、

「ほめ言葉」の重要性を強く感じました。

(みてください!この誇らしい顔!黒板を背にたくさんのほめ言葉を浴びています。)

 

そして、その『ほめ言葉のシャワー』が自尊感情を作り上げていくのだと、

強く共感いたしました。

(菊池先生の授業参観風景)

 

ぷっくりハートが育まれるのは小学校だけではありません。

町内の保育園、認定こども園、小学校、中学校、介護事業所などで育まれています。

 

 

ほっこり癒される『いの町の自然』

いの町での生活は、日常のすぐそばに大自然がいっぱいです。

自然に触れたいと思った時、すぐにたくさんの自然に触れることができます。

こんな蛇の脱皮後の抜け殻に遭遇したり。

大量の天然鮎をゲットできたり。

山菜を採ってみたり。

 

そして、いの町の季節ならではの風景・・・

春には、国道194号線の桜の道、

夏の仁淀川沿いでのキャンプ、

秋は、山でも紅葉狩り、

冬の本川の大きな氷柱(つらら)。

 

都会と違った大自然に囲まれたいの町での生活は、南国の日差し、美味しい空気、

爽やかな風、川のせせらぎが癒しをたくさん与えてくれ、ほっこりします。

そして、自然の尊さや厳しさなど様々なことも教えてくれ、自然から学ぶことが

たくさんあります。

 

最後に・・・

「移住」を考えるご家族にとって、大人の「移住」という選択が子どもにとっても

幸せなのか、と不安に思うこともあるでしょう。

一方で、お子様の為にと、「移住」されるご家族もいらっしゃいます。

どのご家庭もお子様の教育について、じっくり考えて、移住先を考えていることと

思います。

 

いの町は、皆さん一人一人がぷっくりハート(自尊感情が高まる心)

いられる町づくりを進めています。

 

そして、私たち移住専門相談員も、幸せな移住生活を過ごしていただけるように

一緒に頑張っていきたいと考えています。

 

いの町への移住に関する様々なご相談を受け付けています。

お気軽にご相談ください。

 

★「いの町 菊池学園」についてのお問合せは、いの町教育委員会事務局へ

直通電話番号:088-893-1922

http://www.town.ino.kochi.jp/kurashi_kyoiku21.html

★いの町への移住のお問合せは、いの町役場 総合政策課 移住促進係へ

直通電話番号:088-893-5855