いの町移住者交流会~いこいのvol.1~を開催しました。

Pocket

いの町移住者交流会~いこいのvol.1~を開催しました。

    こんにちは。移住担当杉本です。
    さて、いの町では平成29年7月15日にいの町移住者交流会~いこいのvol.1~を開催しましたのでご報告します。

    初めての交流会だったので、参加者が集まるかどうか心配だったのですが、交流会・BBQともに16名の参加がありました。ご参加ありがとうございました。
伝統産業の打ち刃物の研修生や大学生、ご家族で、などバラエティに富んだ参加となり、ワイワイと交流できました。

地域おこし協力隊の「いのライフ」

     交流会では、今年5月に就任し地域おこし協力隊として活躍している小野さんが、緊張しながらプロジェクターを使って「いの町での暮らし」を発表!!
家族のこと、生活スタイルの変化、地域おこし協力隊の仕事など、写真を使って色々お話していただきました。
     実は、前日リハーサルをしてみた甲斐があり、お客さんと談笑しながら2ヵ月間とは思えないくらい充実した「いのライフ」の発表となりました。

 

いこいの!クイズ!
発表後はいの町についてのクイズ大会。
一部をご紹介します。正解できるかな?

Q1.  楮は和紙の原料として、どの部分を使用するでしょうか?
1.  葉    2.  根    3.  樹皮

Q2.  生姜栽培発祥地の地と言われ100年目を迎えるいの町の「いの生姜焼き街道」
には現在何店舗が参加しているでしょうか?
1.  8店舗  2.  12店舗  3.  18店舗

Q3  3年ぶりに氷が残っていた氷室まつり。今年、残っていた氷の重さは56キロである。
1.  ○    2.  ×

・・・正解は最後に掲載します。
にこにこBBQ!!
交流会の後は、波川公園に会場をうつしてみんなでバーベキュー。
仁淀川を前にした木陰で風も吹いてきて、気持ちよく。川で泳いだ参加者もいますよ。
※いの町波川公園(国道33号 仁淀川橋下)の「にこにこ館」にはコンロ等の器具貸出しとお肉・野菜がセットになったメニューがあります。1人2,500円~(受付は2人前から)。
お肉は土佐赤うし、豚肉、鶏肉、新鮮地元野菜も

<にこにこBBQリンク>

次回、いこいのvol.2は10月22日(日)を予定しています。
詳細未定ですが、移住フェアのアンケートで希望のあった郷土料理を作ってみることを計画しています。
内容が決まりましたら、またこのホームページでお知らせします。
さて、いこいのクイズの答えは
・・・A1. 3. 樹皮
A2  3.  18店舗
A3  2.  × 128キロ!  でした。