進化する!いの町の若手職人たち!!

Pocket

こんにちは。ナガオです。

大阪移住フェアから帰った翌日、(^^ゞ

いの町商店街のイベント実行委員会から発展した若手職人さんのグループ、

「いの職人ストリート~心意気あります~」 の勉強会に参加していました。

実は私、数年前に1年間だけ商工会に籍をおいたことがありまして、

イベントの企画運営を担当していましたので、その立ち上げのときに関わっておりました。

syokunin

いの職人ストリート~心意気あります~

いろんなジャンルの職人さん(クリーニング屋さん、散髪屋さんはさみ屋さん植木屋さんetc)が

職業の垣根を越えてざっくばらんに話し合ったり、講師を招いて勉強したりする場です。

業種が違うからか上下関係もほとんどなく、議題を決めるのも持ち回り。フラットな関係が心地いい。

私も商工会を離れてからもしばらくは、「いの小町の紙ぞうり職人」として参加させていただいてましたが、

「若手!」というところにひっかかったのと、夜の会に続けて出席するのがキツくなったので(一応主婦。www)

少し遠ざかっておりました。

 

インタビューのつもりが・・・・

なんで今回参加する気になったかというと、こんなお知らせが流れてきたから。

「地域支援企画員鍋島です!

次回イドバタミーティングですが、私が段取りさせていただきます。
・・・・・・・という訳でお題は
『職人さんに聞いてみたいこと。何でも答えます。』
僕らがインタビューを受けます。
インタビュアーも大歓迎です。」

地域支援企画員さんとは、移住のサイトに住民のみなさんのインタビューを載せたいね、って相談したばかり。

ひょっとして、絡められてる?と 勝手に勘違い?して

まあ、個別にはお願いにあがるにしても、今のみなさんの考えを聞いてみようとの下心からでした。

以前と変わらず迎え入れてくれたメンバーのみなさん。

でも、ミーティングの内容は格段に進化してました!

以前は個々は発言しても、それに対する質問や意見が出なかったりして、

議論や話の内容が深まらなかったりすることもあったんですが、

みんながちゃんと他人の話を受け止めて、いい感じに話を深めてく。

たぶん個々はそんなに意識してないでしょうが、久しぶりに話してみると

ホントに成長を感じました。(上から目線でゴメン。^^;)

 

そんなこんなで、半分取材のつもりで行ったんですが、

私にも話す機会を与えてくれて、ついついしゃべりすぎ、

写真も撮り忘れるという大失態。(>_<)

 

いの町の人々

なにが言いたいかというと、

いの町には自分の技を磨こうと、町をよくしようと頑張っている、魅力的な人がたくさんいるということ。

この職人ストリートに限らず、農家さんのグループ、スチールパンのグループなど、

頑張ってるチームがたくさんあります。

今後、このサイトでこんないの町の人々を順次ご紹介していく予定。

直接会ってみたい、会に参加してみたいというご要望にもお答えしていきたいと思っています。

ぜひ一度ご相談くださいませ。