お得すぎる!高知暮らし体感ツアー[1日目]

Pocket

幸子です。

「高知で暮らすわたし」の今は、環境だけじゃなく、人格も変わったかのように、東京にいた頃の自分とまったく違う毎日を歩んでいます。

インスタグラムでも”いの町”のことを自由気ままに更新中〜

Instagram happyisachikoInstagram


さて、先週の3月11日12日に高知暮らし体感ツアー「”高知人”と繋がる旅」in 四万十町、須崎市、中土佐町に参加してきました。

高知暮らし体感ツアーって?

毎回、テーマが違う高知暮らし体感ツアー

今回のテーマは、”人の繋がり”。全ては人から始まるんです。

このツアーは、移住前に必要な”人”をめいっぱい体感できる旅でした。

 

このツアーってコスパが最高!

移住を考えているなら、参加しない理由なんてありません。

ツアーの詳細見ると、6000円ってすこし高いかなーっと感じますが、実際に参加してみると「コスパ最高〜!」ってことがわかります。

  • 交通費(JRで行った場合、往復6000円以上です…。それが2日間。)
  • いつでもどこでも聞きたいことが聞ける(1人につき1人…くらいのスタッフ数)
  • 先輩移住者との貴重な意見交換ができる(お酒が交わせて、本音も聞けちゃう)
  • まだ公開していない空き家を見学できる
  • 地域の特産の3食付き(1日目:昼・夜 2日目:昼)
  • コアな地域の様子を知ることができる(旅行では絶対に知れません。行けません。)

移住前にツアーに参加すればよかったな・・・と参加したみなさんが羨ましくなっちゃうほどです。

スケジュール 1日目


[高知駅集合]


[四万十町へ]


[須崎市へ]

出発〜!

2日間ともに過ごす参加者は、関東から3名、関西から1名、四国から1名とわたし幸子の6名でした。

男女比は、男性4名と女性2名でしたが、スタッフさんがほぼ女性なので(しかも若くて綺麗)男性にとっては嬉しいツアーだと思います(笑)

移住コンシェルジュさん数名と県職員さん、ツアー会社の方たちも入れて、和気藹々と賑やかなツアーがスタートしました。

左側見てください〜!右側に◯◯が見えます〜!と高知の見て欲しい景色がある度に案内してくれます。

しばらくすると、スタッフさんから順番に自己紹介をしていきます。

ここで初めて「名前」が分かります。

名前がわからないと話しずらいですもんね。

そうこうしている内に、四万十町到着。

四万十町って、結構近いことにビックリでした。高知市内から約1時間です。

余談ですが、県外の人からはわかりにくい四万十市四万十町

両方とも最後の清流 四万十川に沿ってあり、平成の大合併で名前が変わった自治体なんです。
四万十市

四万十川の中~下流域

中村市と幡多郡西土佐村が合併した市
・高岡郡 四万十町(今回行ったのは、コッチの四万十)

四万十川の中流域

高岡郡窪川町、幡多郡大正町、十和村が合併した町

 高知家で暮らす。| 市町村紹介

 

空き家見学

四万十町の中間管理施設である、築70年の素敵なお家に案内していただきました。

 

■空き家バンク 四万十町|空き家情報(3月1日更新)

移住者向け家賃補助制度

しかも、四万十町は、移住支援が充実していることもあり、公開したらすぐに入居者も決まっちゃうほど人気が高いです。

ちなみにこの物件は、近々公開するようなので気になっている方は常にチェックしておいてください!

水回りがリフォーム済、ちゃんと耐震改修もしてあります。

畳も変えたばかりで気持ちいい〜

ただ、広すぎる。一人では、寂しいレベル。

そして、広すぎるからか?家の中が寒すぎます。(※暖房器具はついていません。)

でも、縁側にいくとポッカポカ。

とっても心地よい家で、ここに住める方は羨ましいな〜って思っちゃいました。

移住者交流・昼食 @アシアナカフェ

お昼は、移住者がオーナーのアシアナカフェで。

窪川駅と町役場の目の前にあるので、すぐ分かります。

センスいい店内。

先輩移住者たちの自己紹介

窪川牛のカレー

新聞バッグ作り

新聞バックは、環境に優しくて新しい、人をつなぐバッグなんです。

読み終えた新聞を使ってあたらしいカタチを作る。
これは“ecoの基本概念”=“循環”の概念を呼び起こすとともに「なによりタノシイ人類の知恵」。

世界中どこでも、気軽にタノシク作ってもらえたら、もっと地球の環境にいいかもしれない。
そんな世界をめざして、しまんと新聞ばっぐを通して、人と人をつなく活動をしていきます。

しまんと新聞ばっぐ | about

 

折って折って〜♩

はい、完成★

作り方を覚えようと思ったのに、工程が多くて覚えられず・・・(笑)

頑丈で、地球に優しい、可愛い新聞バックが出来上がりました。

Facebookしまんと新聞ばっぐ

地域のスーパーに立ち寄り@サンシャイン四万十ハマヤ

夜の交流会で飲むための、お酒を購入!

お試し滞在施設見学と先輩移住者と交流

お試し滞在施設ってご存知ですか?

やっぱり、住んでみなくちゃわからない!を形にした住宅(家電などすべて揃ってます)です。

最長15日間、実際に住んでみることができるんです!

気になる料金も、15日間滞在しても25,000円という安さ。(1日あたり1,666円・・ゲストハウスより断然安い!)

詳細はこちら

須崎市は、住む地域によって地域性が全く違うんだな〜ということがわかります。

リアルな声って安心できますよね。

都会での当たり前が当たり前じゃなかったり・・・

移住者の「こんなこともあるんだよー!!」に参加者はビックリ。

(ゴミ出し、地区の会費、趣味、近所付き合いのことなど)

釣りが好きな方は最高な場所だと思います。海も川もなんでもできるそうです。

1日目から盛りだくさん〜!

1日目からすでに、お腹いっぱい、胸いっぱいです。

実は、この後がさらに盛り上がります。

それはもちろん、お酒が入るからです(笑)

だから、わたしは高知が好きです。

その交流会の様子は、また次回。

美味しすぎ!楽しすぎ!高知暮らし体感ツアー[1日目夜〜2日目]

 


今回、訪れた場所

Asiana Cafe アシアナカフェ

TEL 0880-22-2711

Follow me!