シゴトできっと役に立つ資格!(農業・林業・漁業)

Pocket

こんにちは。

今日は、雲ひとつない晴れた空。

散歩が本当に気持ち良い。春が待ち遠しくなりますね!

散歩道のウッディ。いの町にあるホームセンターです。

おしゃれではないけど、植物もあるし、日用品くらいなら充分揃います。

80以上くらいのおじいちゃんおばあちゃんって「ディ」って発音できない方多いですよね。

「NTT」が「えぬてーてー」とか「ディズニーランド」が「でずにーらんど」になるやつ・・・

そうです、もちろん「ウッディ」は「うっちー」です(笑)

すごくほっこりしませんか??

余談はこれくらいにして、今日は、

 

絶対生活に必要な車の免許

ここにも書きましたが、ペーパーで暮らせる地域は少ないです。

ペーパーのわたしでも移住できますか?

地方での暮らしとなるとバスや電車が1時間に1本なんてこともあり、公共交通機関の利便性が充分でないことも多くあります。

車以外の交通手段はどんなものがありますか?

実際のところ、車を持っていない、または乗れないということで、仕事を断られてしまう方もいるんだそう。

「自動車運転免許」は、移住を考えた時にまず第一に取得したい資格ですね。

農業

軽四輪トラック

農業をする方にとって必要なのは、軽四輪トラック(通称:軽トラ)

最近では、AT仕様の軽トラも出ています。

でも、軽トラはマニュアル車が多く「AT限定免許」では運転することができませんので、その場合は「限定解除」をするしかありません。

農林業機器

住まいや土地の維持管理に必要なのが、草刈り機やチェーンソーといった農林業機器です。

草刈りや木材の切断などをする時に、カマやノコギリを使った手作業よりも作業効率が格段にアップします。

便利な機器である一方で、使い方を間違えてしまうと大事故につながりかねません。

個人での利用には資格は必要ありませんがチェーンソーを扱う場合には、四国安全研修センターなどで特別教育講習を受けてみるのもいいかもしれません。

構造や扱い方、メンテナンスなど基礎的なことが学べます。

また夏場になると、月1回程度草を刈らないとあっという間にボーボーです。

これには困っていると移住者からよく話を聞きます。

どうしてもできない場合や近隣に迷惑をかけてしまう場合には、シルバー人材センターなどに作業を頼むこともできます。

が、広さにもよりますが、痛い出費となってしまいますので、女性でも草刈機は使えた方がいいでしょう。

小柄な移住女性もガンガン刈ってますよ。

国家資格

公的資格

民間資格

もしかしたら、役に立つ?いの町の岡林食品のおもしろい検定があります。

新聞に見たことあるお顔が!(^^♪

林業

国家資格

公的資格

  • 林業技士(一般社団法人 日本森林技術協会)

民間資格

漁業

国家資格

他にも

農業、林業、漁業の関連する仕事に就くしても、発信することが得意だったり、WEBサイトが作れたり、キャッチコピーを考えたりできると重宝されます。

あとは、行動できる人! 人と関われる人! 野良仕事ができること!

資格があるなしに関わらず、やっぱり動ける人だったら、どこでも誰とでも仕事はできると思います。

自分しかない強みってなんだろう? ゆっくり考えてみてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です