高知はちきんシゴト事情

Pocket

2016年ラストは・・・最後にふさわしい(?)高知の女性シゴト事情についてです。

===バックナンバー===

移住して3ヶ月:ヒト編 カツオ編
=============

紹介する前に、あなたの気質をチェック!  四国4県のどこの気質に近いですか?

問題 道を歩いていると1万円が落ちていました。あなたなら、どうする?

A 大いに喜び、拾った1万円に1万円足して2万円で飲みに行く。

B 人は拾った1万円で飲みに行く。

C 1万円のうち5千円を貯金し5千円で飲みに行く。

D 1万円を全部貯金。

答え

A 大いに喜び、拾った1万円に1万円足して2万円で飲みに行く。→ 高知県人

B 人は拾った1万円で飲みに行く。→ 愛媛県人

C 1万円のうち5千円を貯金し5千円で飲みに行く。→ 香川県人

D 1万円を全部貯金。→ 徳島県人

 

どうでした?

私さちこは、C の香川県人でした。

生粋の高知県人になるには、もっと揉まれる必要がありそうです。笑

 

さてさて、本題に入りましょう。

アベノミクスの第三の矢の成長戦略には、「女性の活躍」 が掲げられていますね!

高知の女性のことを「はちきん」と呼ぶんですが、この由来は・・・

はちきんとは、「男勝りの女性」を指す土佐弁。ならびに高知県女性の県民性を表した言葉である。話し方や行動などがはっきりしており快活、気のいい性格で負けん気が強いが、一本調子でおだてに弱いといわれる。後ろを振り返ることなく前進し続けるといった頑固さや行動力あふれる点で、土佐の男性と共通する。

由来は、男性の睾丸は一般的に2つであるため、4人の男性が揃うと睾丸が8つになるが、8つの睾丸を手玉に取る女性ということである。

引用 ウィキペディア

でも、高知県はアベノミクスが掲げる前から「女性が活躍する県」なんです。

女性の有業率は、48.5%。(全国平均 48.2%)と平均ですが、結婚・出産・子育てなどに よって就業を中断し、子育てが一段落したら再就職するというライフスタイルの女性は少ないんです。

育児をしている女性(22~44歳)の有業率は66.7%(全国平均 52.4%)と全国に比べると明らかです。

起業者に占める女性の割合、全国1位。

管理的職業従事者に占める女性の割合、全国1位。

1位が多いですよ! 女性がガンガン働いてます!

女性ががんばる高知県

高知家の女性しごと応援室 こんなサイトもできてます。

統計データを見ても「女性」の活躍が著しい県だということが分かりますね!

これって、男性にとったら嬉しいですよね!家計をお互いが支えるイイ関係性ができているということです。

逆に、女性が働かないといけない理由があるのでは?と勘ぐってしまいますが、そこはひとまず置いときましょう。

引用 “意外と知らなかった!?“ 数字で見る高知家の暮らし

東京・高知の1ヶ月間の家計収支(2人以上の世帯のうち勤労者世帯の平均)

東京都区部 高知市
実収入     590,686 559,069
実支出 476,513 439,769
黒字額 114,173 119,300

 

実収入の内訳は・・

東京都区部 高知市
うち世帯主収入 493,816 379,749
うち配偶者収入 59,978 93,570

 

一人当たりは少ないけど、二人合わせればいいんだからね!

東京都と変わらないくらいの黒字だ・・・。これは意外!!もっと貧困な県だと思っていました。汗

平日の生活時間/日

東京都 高知県
睡眠、食事など 10時間27分 10時間53分
仕事、家事など 8時間1分 7時間7分
自由に使える時間 5時間32分  6時間

 

話題の「ワークライフバランス」ですね。

東京の仕事時間は、実際はもっと長そうですけどね。私も労働基準法は完全無視で朝から終電まで働いていたこともあるので・・・。

高知に来て確実に増えたのは「自分と向き合う時間が長い」ことですね。

移住者たちは、余裕がなかった暮らしに戻りたくないと思っている人が多いですね。

 

他のランキングを見てみましょうか。

自家用車通勤・通学率(2010年)

30位 59.37%   1位は 富山県 77.34%

鉄道通勤・通学率(2010年)

41位 3.60%   1位は 東京都 56.48%

通勤時間 ( 2011年)

41位 26.3分   1位は 神奈川県 48.0分

正社員数(サラリーマン数) ( 2012年)

39位 189,600人  人口100人あたり 25.21人   

1位は 東京都 4,197,500人 人口100人あたり 31.73人

 

 

まとめ

最初に気質チェックしたのは、「高知県人の当たり前」が「あなたの当たり前」と違うかもしれないということです。

移住して3ヶ月、高知県人すべてが、飲むわけではありませんが、浪費傾向にあるのは確かだということが分りました。何かある度に「飲み会」に誘われます。これを全て参加していたらお金はもたないでしょう。

でも、夫婦が支え合いながら、浪費することですら楽しんでる人が多い気がします。

自分の時間を楽しんで生きるって気持ちいいですよね。

 

 

 

では、みなさま、1年間お世話になりました。良いお年をお迎えくださいね!

インスタグラムも自由気ままに更新中。Instagram happyisachiko #sachiko  #移住Instagram

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です