「今日から幸運を」・・・今日は冬至です!

Pocket

冬至って何するんだっけ・・・?

 

アラサー婚活迷子のさちこです。

今日は、冬至。北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日。

でも、今年の冬至は、気持ちが悪いくらい、あったかい。

 

 

さて、今日のテーマは、

冬至に、運をあげよう!

 

旧暦でモノゴトを捉えることって、今じゃほとんど無いですよね。

冬至の日を境に、再び太陽の力が強くなる事から「一陽来復(いちようらいふく)」言われ、

良くないことが続いている人も「今日から幸運を」という先人の前向きな想いがいっぱい詰まっている、

いろんなことをリセットする日なんですよ。

 

新年を迎えるのが楽しみになりません?

今日は、先人がつくった、ありがたい日なんです。ちなみに

今年、リセットしたい事ありますか?

私は、全く無いですね。

人間関係、仕事、住処・・・いろんなことをリセットして、高知に来ちゃったので。笑

もっと早く「高知」を知っていればよかったなー!って今は思うくらい。

どうやってリセットするかって?

とりあえず ゆず湯

やっぱり思い浮かぶのは、「冬至」=「ゆず湯」ですよね。

ゆず湯に入る理由は、柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、

もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

この日に柚子湯に入ると風邪を引かないと言われている所以は、

柚子の木が 寿命が長く病気にも強いことからもきているんだそう。

 

そして、高知県は、ゆずの名産地。

柚子で売上33億円の高知県の人口1000人の村 

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kakijiro009

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kakijiro009

 

そして、高知県民にとってゆずは、「買う」では無く「貰う」ものらしいです。笑

東京にいた頃は、「冬至」というイベントをしたことが無かった分、

今年は、いただいた柚子を贅沢にゴロゴロっと丸ごと浮かべて、

柚子の香りに癒されながら、思いっきりお風呂の時間を楽しんできます。

 

運盛り

「運盛り」とは、「ん」が2つ入る物を食べることです。

それには、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、”ん”には、「今日から幸運を!」の願いが込められ、

”ん”のつく食品を食べると幸運が得られ、病気にかからない

うどんは運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するんだそう。

冬至の七種

「な(かぼちゃ)」

「に

「れ

「ぎ

「き

「か

「う(うどん)」

 

今日からの1年を幸せに!!

冬至は、また1年を幸せに生きますように・・・と心から願う日かなって思います。

どんな悪いことが起こったとしても、こんな日があることを知っているだけで、少し前を向けるようになるのかも。

さぁ、年末に向けて慌ただしくなってきました。

冬至じゃなくても、風邪をひかないよう、しっかりカラダを温めましょ。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です