移住の決め手はコレ!自分の見つけ方。3

Pocket

独身アラサーの幸子です。

 

みなさんの心のどこかに「今の暮らしは私に合ってないんじゃないかな?」ってこと、あると思うんです。

100%理想通りの生活なんて出来ることはないにしても

どこかに理想郷はあるんじゃないかなって。

 

でも、ちょっと待って!

田舎暮らしを始める前に手を付けるべきなのは、

家を探すことでもなく、移住フェアに行くことでもなく、「今のわたしって何が困っているんだっけ?を見つけること」だと思います。

「社会的な活動」と「移住」を明確に切り分けて考えていますか?

地域おこし協力隊という制度をご存知ですか?

これは、「社会問題全体」にアプローチをしようとしている活動ですよね。

でも、地域を変えるくらいのことをするには、自分の身を壊すほどの行動を起こす必要があります。

現に「理想」と「現実」の狭間で苦しんでいる方がたくさんいます。

なぜか雑用の仕事ばかり回ってくる・・・

移住は、そういった「社会的な活動」をするものではありません。

移住をすれば、解決するようなたった一つの困っている問題を解決することが移住につながるんだろうなって思うんです。

 

数年後の自分ってどうなってんの?

Q1  あなたは、数年後の自分の姿は描ける? 

Q2  ダイエットや貯金の計画って計画通り実行できる?

はい、描けません。そして、実行できません。

 

だって時代はすごいスピードで変化しているから。

10年前、スマートフォンが今のように普及するなんて誰が思っていたでしょう。

そのレベルの話。

だから、未来の自分ではなく、の自分の問題点を見つけ、「絶対にしたくないことリスト」にすることが必要なんです。

 

したくないことを書きだす理由は?

それは、絶対にしたくないから。笑

それが原動力になるから。

わたし幸子のしたくない!するもんか!!!はコレ。

健康
仕事
その他

こんな感じで、5〜10個を目安に書きだしてみてください。

 

移住することで解決するような「困っている問題

「絶対にやりたくない!こと」の中にありませんか?

私は、「満員電車と離れた生活をする」と決め、友達のいる高知県への移住を決意しました。

 

その決断が、移住の成功では思っていません。

暮らしていく中で、考えや価値観が変わる可能性だってあります。

今やるべきことは、しっかりと自分と向きあい、確かな移住の情報を選び、行動することです。

移住した後に、この考えや価値観が変わった時、そのときまた考えればいいのかな〜と思うんです。

 

幸せになる方法を探すためには、「絶対にしたくない」と向き合うことをしてみてくださいね!

 

2016年、いの町に移住した、川口さん。

全国どこでもやっていない教育の取り組みが始まり、そこに携われていると感じるとと幸せに感じるんだそうです。

川口 晃平のプロフィール

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です